遺産分割対策、節税対策、納税対策があります。

相続対策3つのポイント

相続対策の基本は3点挙げられます。

 

それは“遺産分割対策”“節税対策”“納税対策”です。

 

遺産分割対策

遺産をめぐって家族が争うことは、決してめずらしい話ではありません。
相続人の間でトラブルが起きないように対策をしておくことが望ましいでしょう。

 

対策方法としては「遺言」がもっとも効果的です。
各相続人の財産状況を考慮し、あらかじめ誰にどのくらい財産を譲るかの意思を遺言書に残しておけば、トラブルに発展するのをあらかじめ防ぐことができます。
また、生前にあらかじめ財産を残したい人に対して、贈与しておくことも効果的です。

 

節税対策

家族の相続税の負担をできるだけ軽くするために、相続財産を減らしたり、財産の評価額を下げたりします。
方法としては、贈与、国の制度を活用、財産の組み替えなどがあります。

 

納税対策

納税額は非常に高くなってしまう可能性があります。
そのため、相続人が納税の際に困らないよう納税資金を準備しておくことが望ましいです。

 

あらかじめ不動産や株式を売却し、現金化しておくなどの工夫が必要です。
相続開始日の翌日から10ヶ月に納税するのが基本ですが、遺産分割協議がまとまらなかったりすると、あっという間に過ぎてしまいます。
これを過ぎてしまうと滞納金がかかってしまいますので注意が必要です。

 

 

相続対策について分からない事や、専門家に直接話を聞いてもらいたいという方は
下記のお電話またはメールにて直接お問い合わせください。